人気ブログランキング |


大阪・梅田 整体院 GRAN SPACE   筋・骨格系の解説


by granspace

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

『全身の関節』背骨の要点 2-1

e0284739_21202082.jpg
『下肢編』が終わり『体幹部の関節』に入る前
に “背骨の要点のダイジェスト” です。

【項目】
1 背骨の働き
2 背骨の湾曲(姿勢)
3 背骨の歴史

次回予定
4 背骨の構造
5 背骨の問題は全身の症状に


1 背骨の働き
①頭や腕、胸郭など上半身を支える。

 背骨に歪みがなければ、頭は背骨に乗っかっ
 ているだけ安定し、腕は肩甲骨にぶら下がっ
 ているだけで少ない筋力で支えられます。

 背骨に歪みがあると、頭や腕を支えるのに余
 分な筋力が必要となり、首肩コリやコリから
 の頭痛、腰痛等の原因になります。
 そして余分な力が別の歪みをつくります。
 
 背骨は胸郭の呼吸運動を土台で支える働きも
 しているので、背骨の運動機能不全は、呼吸
 の浅さ、力の抜きにくさ、疲れやすさなどに
 もつながります。


②胴体を動かす 

 背骨は、〈 前後へ屈曲ー伸展、左右へ側屈、
 左右へ回旋 〉の6つの動きが可能です。

 背骨の動きが悪くなると、胴体の動きだけで
 なく、様々な身体動作に影響します。

 しかし多くの場合、少しずつ動きが悪くなる
 ので気づかぬ内に、あるいは我慢しながら年
 齢を重ね、歩行困難になったり、寝返りが困
 難になったりという事につながっていきます。
 

③脊髄神経を保護
 脳につながる神経の本管である脊髄神経や、
 その下の馬尾神経は、背骨前方の椎体と後方
 の椎弓に囲まれた空間(脊柱管)を通り保護れ
 ています。
 
 背骨の変形やズレ、脊柱管内の靭帯の肥厚、
 椎間板ヘルニアなどで脊柱管内の神経が圧
 迫されると脊柱管狭窄症となり、歩行困難
 などの症状がでます。
 

④衝撃の吸収

 背骨と背骨の間にある椎間板と、背骨後方の
 関節部は、背骨の動きと同時に衝撃の吸収に
 も役立っています。


2背骨の湾曲  ※上の写真参照
正常な姿勢の背骨を横から見ると、緩やかな
S字カーブを描きます。 生理的湾曲

頚部は前方の凸の湾曲 頚前弯
胸部は後方に凸の湾曲 胸後弯
腰部は前方に凸の湾曲 腰前弯

背骨は緩やかにカーブすることで、肺のスペー
スを大きく確保したり、顔を正面を向に向けた
り、直立姿勢の維持を可能にしています。

人間の背骨の湾曲の意味は、脊椎動物の歴史を
遡ると見えてきます。

e0284739_22381243.jpg
3背骨の歴史
ヒトの背骨は直立2足歩行に適した彎曲が有り
ます。

魚の背骨は真っ直ぐです。

3~4億年前に両生類が陸上に進出し、腹が地
面にこすれないように背中側に後弯したアーチ
状の背骨になります。 胸後弯の原形

更に陸上での生活に適合した爬虫類になると、
首が持ち上がり口が開けやすくなります。
頚前弯

数百万年前、人類の祖先が直立2足歩行した頃、
腰椎が前弯し今の人類の背骨に近い形になりま
す。腰前弯
ホモサピエンスの誕生は80~20万年前。
チンパンジーには腰前弯はありません。

人類の遠い祖先が直立二足歩行を獲得する前の
段階は、アフリカのジャングルとサバンナの境
界付近の森で樹上生活をしていました。
樹上生活が股関節の可動域を広げたり、高い所
の木の実を取るために、樹上で掴まり立ちをし
たりしていたことが直立二足歩行への進化を可
能にしたという説もあります。

樹上から地上に降り、直立二足歩行するように
なると手を器用に使うようになり、脳が発達し
頭が大きくなっていきました。

身体を直立させることは、脳の発達のよって大
きくなった頭を支えるのにも適しています。

身体を直立させて地面との接地面を少なくする
ことは、移動エネルギーも少なくてすみます。

長時間歩き続けられるのは人間だけだそうです。

そしてヒトの祖先はグレートジャーニーと呼ば
れる移動をはじめ、世界中にひろがっていきま
した。

人間の赤ちゃんは、この背骨の進化の長い歴史
を生後1年あまりで獲得していきます。
生まれた直後は背骨全体が後弯していてます。
首が座りだすと頸椎が前弯し、歩けるようにな
ると腰椎の前弯が出来上がります。

そして現代は、長時間のデスクワークやスマー
トフォンなどの姿勢が、今迄の歴史になかった
背骨への負荷となり、様々な身体の不調をもた
らしています。

現代は背骨への負担が増えたと同時に、今まで
にない長寿社会を迎えたことで、背骨の健康寿
命(機能性)をいかにして保つかが重要になって
きています。
















# by granspace | 2019-07-11 20:55 | Trackback

【大阪|梅田】整体院 GRAN SPACE の特徴

e0284739_21474014.jpg
ひどい首肩こり、肩こり頭痛、長年の腰痛、骨盤矯正にも強い整体院
e0284739_20064688.jpg
お一人お一人の関節や筋肉の特性も把握して施術
e0284739_20085956.jpg
今迄いろいろ試したけど、あまり改善しなかった
方も是非一度お試しください。


“整体院 GRAN SPACE の特徴”

【原因や問題点を的確に分析‐調整】
同じような症状でも原因は人によって違います。
“肩こり”の場合なら、肩甲骨の位置的歪み、骨
盤の仙腸関節の歪み、呼吸が浅く無駄な力が抜
けない、背骨の歪みによって姿勢を保つ体幹の
筋肉に力が入りにくい、など…。
整体院 GRAN SPACE では、お一人お一人の隠
れた原因や問題点まで探し出し、改善状況を確
認しながら調整していきます。
「今迄いろいろ試したけど改善しなかった」
という方にも効果を上げています。


【筋肉・筋膜系】【関節系(骨盤/肩甲骨含む)】
【呼吸】【動作】を総合的に調整
当院の ゆったりと心地良い圧の独特な施術法は
、従来のマッサージやストレッチ、関節調整法
とは違います。
当院では開業以来【筋肉/筋膜系】 【関節系(肩
甲骨/骨盤含む)】【呼吸運動器系】【動作系(動
作のパターン)】の4つの身体機能を、高い技術
で総合的に調整しています。それらの機能は単
独で働くことはなく相互に影響し合うからです。
機能解剖学、関節運動学、各種の身体動作研究
やbody work、呼吸運動理論や呼吸法など、様
々な理論と技術が分野を超えて融合し、ひとつ
に溶けあった先進の技術の整体法です。

問題点を探しながら、改善状況を確認しながら
丁寧に調整していきます。
整体院 GRAN SPACE の技術は常に改善・進化
しています。


【整体講師の院長が施術】
20年以上、6万人以上の施術経験。病院、治療院
、整骨院、訪問リハビリなど様々な現場を経験。
関節調整の分野では講師を指導する講師を歴任。


【安全で痛くない施術】
人によって違う関節面の形状や歪みの角度、筋肉
の性質など、お一人お一人の特性を感じ取りなが
ら安全で無理のない施術をしています。
痛みによる筋収縮が起きないように、強すぎない
心地良い圧の施術です。
ゆったりとした施術で深部まで緩んでいきます。
頚椎など背骨ポキポキ鳴らしはしません。


【トップアスリートやプロのダンサーにも対応】
スポーツ、ダンス、バレエ、ヨガ、ピラティス、
演劇、演奏、声楽、など、正確で繊細な身体動作
が必要な方の調整にも非常に効果的です。
痛みの改善、疲労の早期回復、パフォーマンスの
向上、身体動作の問題点(非効率な動作パターン
)の発見などに優れた効果を上げています。

怪我や疲労で本来のパフォーマンスが出来ない方
、引退を考えておられる方、諦めないで
整体院 GRAN SPACE の施術をお試しください。


【身体動作/構造の講座】
医療従事者,ダンス講師,ダンサー,スポーツトレー
ナー等 身体動作に関わる方や一般の方にも教科
書よりもタメになる講座は“なるほど”“気づき”が
いっぱいで、身体動作や構造の本当に大事な部分
がわかります。


【このような症状の方におすすめです】
長年つらい首肩こり/腰痛/ぎっくり腰を繰り返す
/反り腰や猫背、側弯症など背骨や骨盤の歪み/
産後の腰痛 骨盤矯正/O脚//四十肩(五十肩)/足首
,膝,股関節,肩,肘,手首など関節や筋肉などの痛み
/シンスプリント/脊柱管狭窄症/椎間板ヘルニア/
坐骨神経痛/腰椎分離すべり症/顎関節症/むくみ/
呼吸が浅い/ストレートネックからの頭痛/継続的
な疲労感(特に起床時) /自律神経症状/
脳卒中後遺症のリハビリ(保険外)/…
などの改善に効果を上げています。


■施術料金 45分 初回 3500円
          一般 5800円
          会員 5000円

■講座 / 講座+施術 70分 9500円


●地下鉄 御堂筋線 梅田駅 北改札 徒歩5分
●阪急 梅田駅 茶屋町口 徒歩5分
●JR大阪駅 御堂筋口 徒歩8分

詳しい道順はホームぺージのアクセスの頁
をご覧ください。

ホームページはこちら

大阪市北区芝田1-10-10
芝田グランドビル 4F

TEL 06-6131-9770














# by granspace | 2019-05-30 21:00 | Trackback

『全身の関節 22』リスフラン関節とMTP関節

更新を通知する


e0284739_18081600.jpg
e0284739_21475808.jpg
リスフラン関節とMTP関節は全身のバランス、
姿勢や踏ん張りなどに影響する重要な働きを
しています。


リスフラン関節
土踏まず付近の複数の関節で構成される関節
の列の名称。
内側・中間・外側楔状骨、立方骨と第1~5
中足骨からなる。

特に最内側にある内側楔状骨と第1中足骨の
関節は土踏まず(足底内側の縦アーチ)の形成
や、母指球(親指の付け根の裏)の踏ん張りに
重要。
リスフラン関節全体では足の甲の横アーチの
形成にも関わる。

第1中足骨と内側楔状骨の関節は独立した関
節包を持つ。
そのほかの関節(中間・外側楔状骨、立方骨
、第2~5中足骨)は関節包を共有する複関
節。形状は平面関節で、分類上はわずかに
しか動かない半関節。

第1中足骨と内側楔状骨の関節面は平面的だ
が上部は緩やかな鞍状で、形状分類では鞍関
節に分類されている。
鞍関節とは馬の鞍状の形で、上下方向と水平
方向など直交する2つの方向で関節面の凹凸
が逆になり、それによって関節の動きは直交
した2軸方向に(自由度2)になる。
しかし、この第1中足骨ー内側楔状骨の関節
や前回の踵立方関節は、鞍関節に分類されて
いるが回旋運動が可能で3軸方向への運動が
確認できる。
このことから第1中足骨ー内側楔状骨の関関
や踵立方関節の分類は、鞍関節とは別の新
しい分類がなされるのが適切ではと考えられ
る。


※胸鎖関節も鞍関節なのに三軸方向に動くが、
 関節の間に関節円盤が介在することで球関
 節のような動きが可能になっている。



中足指節関節 (MTP関節)
立位・歩行・つま先立ちでのバランスに重要
な関節だが、ショパール関節やリスフラン関
節に歪みがあるとMTP関節は歪んだりバラン
ス力が減少する。

大きな可動域を可能にするため緩い関節構造
になっている。
それによって屈曲制限や過伸展など可動性の
問題を起こしやすい部位でもある。



起こりやすいトラブル
理想的な足底の荷重配分は、第1中足指節関
節の裏(母指球)と、第5中足指節関節の裏(小
指球)と踵の裏の3点だが、このバランスが上
手く取れずに癖が付くと、偏平足(土踏まずの
低下)、開帳足(横アーチの低下)、外反母趾、
足の冷え、むくみ、ふくらはぎ(下腿三頭筋)
の過労、タコや魚の目など足部の様々なトラ
ブルの原因になる。
背骨の歪みや首肩のコリなど全身にも影響す
る。



今回で『全身の関節』は下肢編を一旦終了し、
次回は体幹部(背骨、骨盤、肋骨)に入ります。



大阪・梅田  整体院 GRAN SPACE では
長年のひどい肩こりや腰痛、骨盤や背骨の
歪み、膝や股関節痛、顎関節症、むくみ、
呼吸が浅い、疲労蓄積、脳卒中の後遺症な
ど筋肉・骨格系に関係する様々な問題を、
関節・筋肉・筋膜・呼吸・動きの調整で改
善しています。
「今までいろいろ試したけどあまり改善し
なかった」という方も是非ご体感ください。

ホームぺージはこちらをご覧ください。
http://gran-space.com



4月6日 追記および写真追加
4月13日 追記

前回の『全身の関節 21』踵立方関節は、
4月2日に追記


#リスフラン関節
#MTP関節
#中足指節関節
#内側楔状骨
#Lisfranc's joint
#metatarsophalangeal joints
#medial cuneiform





# by granspace | 2019-04-02 19:50 | Trackback

『全身の関節 21』踵立方関節

e0284739_16540103.jpg
e0284739_16544998.jpg
e0284739_16554566.jpg
e0284739_16563424.jpg

踵立方関節は踵骨(かかとの骨)と立方骨(外くるぶ
しの前下方)の関節です。
前回の距舟関節と合わせてショパール関節を構成
します。


関節面の形状
平面的で踵骨側がやや凸状で立方骨側がやや凹状。
関節面の上部は緩やかな鞍関節状の部分があり、
上下方向には踵骨が凹、水平方向には踵骨が凸。
完全な鞍関節ではないので、3軸方向へ可動する。

可動域の中間位で両関節面の接触が最大で、中間
位以外では接触面積が減る。


運動方向
足部回内時(背屈・外返し・外転)の外返し・外転
足部回外時(底屈・内返し・内転)の内返し・内転
が主な役割だが、上下方向への滑りも確認できる。


起きやすいトラブル
比較的に平面的な関節面である事や、位置的な
条件などから、両関節面の引っ掛かりや詰まる
ような可動域制限は起こりにくいが、歪みによ
って隙間が空きすぎたり、周囲の筋緊張により
閉まりすぎたりする。
それによって周囲の筋肉が更に緊張する。

距舟関節・距腿関節・距骨下関節など周囲の関
節の歪みや可動域制限の影響、腓骨筋群・下腿
三頭筋・足底筋膜など周囲の筋緊張による影響
を受けやすい。

立ち方の癖や、動作中の足底への荷重のアンバ
ランスなどで周囲の関節が歪んだり、周囲の筋
肉に緊張や疲労が続くことが踵立方関節や近辺
の痛みや異常の原因として考えられる。
そのため踵立方関節の調整だけでなく、周辺の
関節・筋肉・筋膜などの問題点を見極め、適切
な調整が必要。

※追記しました。




































# by granspace | 2019-03-29 15:41 | Trackback

Webサイト『Siena』の「大阪のおすすめ整体院」に掲載されました

e0284739_15265648.jpg
健康Webサイト『Siena』の「大阪のおすすめ整体院 8選」

に掲載されました。  掲載日 18年12月11


整体院 GRAN SPACEの基本情報が掲載されています。
取材記事ではありません。


美しく女性らしい健康的な身体をめざす女性向けの
Web情報サイトです。

健康や美容、整体やヨガ、ピラティススタジオなど
情報が満載のおしゃれなサイトです。

『Siena』ホームページ https://thesiena.jp/

掲載ページ  https://thesiena.jp/7928






















# by granspace | 2019-02-08 15:29 | Trackback

当院ホームページ入口はこちら

整体院グランスペース

以前の記事

2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月

検索

タグ

(21)
(19)
(17)
(8)
(8)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)

最新の記事

『全身の関節』背骨の要点 ..
at 2019-07-11 20:55
【大阪|梅田】整体院 GRA..
at 2019-05-30 21:00
『全身の関節 22』リスフラ..
at 2019-04-02 19:50
『全身の関節 21』踵立方関節
at 2019-03-29 15:41
Webサイト『Siena』の..
at 2019-02-08 15:29

外部リンク

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
美容・健康

画像一覧